暗くなるまで待って

アラフォーの気ままな日記。
人には言えない事をココに吐き出したいと思います。
夫、子供、恋愛、仕事…勝手な事ばかり書きなぐるので、気分を害された方は退室願いますね。

1年8ヶ月ぶり

なんと!


さんちゃんに会えたんです。

1年と8ヶ月ぶり。


しかも!!!20分(;`O´)o


さんちゃんが、免許の更新があるので

早退した講習までの空き時間。

コーヒーに誘われました。


でも、突然だったので、

あたしも予定の調整出来てなくって。


諦めかけたその時です。


メイ「朝から言ってくれれば

ランチに出かけられたのにー。」


さん『そうかそうか

仕事が12時15分までだから、

ランチはどちらにしても無理だったな


思いつきで言ってごめんよ』


メイ「講習何時まで?

って言ってもそこら辺でお茶なんて

できないでしょー?」


さん『30分講習。

〇〇珈琲店なんかいいなーと、

常々思ってましてね(笑)


しかし、今日は現実無理(爆』


メイ「なんだよー

じゃあどのタイミングでお茶できたのさぁ!!

(;`O´)o」


さん『3時~4時位かなーと。

そうかー

本当、都合の良いことばかり、言ったり聞いたりしてごめんよ』


メイ「(๑´• ₃ •̀๑)まーそーか。

なかなかねー。

お茶すらしちゃダメなんだねー。

( o̴̶̷᷄ ·̫ o̴̶̷̥᷅ )神様仏様がダメだと。」


さん『そうだなー。奇跡の再会から、結構たったもんな(笑)ではー、前に君が言ってたが

パチンコ屋は?2時すぎとかにこれる?』


……という事で、行きました。

さんちゃんも片道30分以上かかるのに、

来てくれてパチンコ屋さんのパーキングで

20分。

ペットボトルのお茶を飲みながら

久しぶりの再会。


免許更新があるので、

延長なしだったけど、

ほーんと、他愛もない話。

手を握ることすらなかったけど、


18年、よく続いてるよね

とか

当時が蘇る

とか。


ただ、さんちゃんにあたしは

おばさんには映らないみたいで

前あった時よりキレイになったと

言ってくれました。


磨いててよかったぁ。


さん『帰ります。

知り合いに、見つからないよーにね(笑)

楽しかったし、可愛いかったよ』


メイ「(  ૢ⁼̴̤̆ ꇴ ⁼̴̤̆ ૢ)~ෆ

会えて嬉しかったよっ。

お茶、ごちそうさま。」


泣きそうなくらい嬉しかったし

もっともっと話したかったのに。


メールはLINEだと危険な事。

来年は下の子も小学生になる事。


時間あるかな?

まだまだ話したい事、山ほどあるよ。

また、時間作って下さい。

お願いです…。